べえ

べえ

 先日、キャンプリゾート森のひとときでハロウィンキャンプをしてきました。

IMG_0550.jpg

 これでこのキャンプ場でのハロウィンキャンプは3回目。ひなちゃんも楽しみにしていて、恒例行事になりそうです。

IMG_0551_201810291133118c1.jpg

 パレード用のハロウィンのお菓子をフロントでも販売しています。ちなみに、トリック・オア・トリートパレードに参加すると、アーリーチェックインが無料で利用できます。もちろん我が家はアーリーチェックインです。

IMG_0553_2018102911331324d.jpg

 今回は、トリック・オア・トリートパレードの子供たちがやってくる時間が決められており、お菓子を配る側は予定を立てやすく、この時はとてもありがたく感じていました。

IMG_0554_20181029113310a25.jpg

 他の予定も表示されていて、とても親切なキャンプ場です。

IMG_0558-001.jpg

 今回利用したのはS-23です。ここは他のオートキャンプサイトとは違う袋小路になったコテージサイトの裏にありS-22,S-23,S-24の3サイトがあります。この3サイトはCタイプというペットOKのサイトで、料金がオートキャンプでは一番高く、普通の時期の土曜日1泊で7800円となっています。

 テントを張る場所は、まさ土がまかれていて、とても平ら。小石はありません。マット無しでも痛気持ちよい感じで寝転べます。ただ、傾斜があり、右奥から左手前に向かって傾いています。狭く見えますが、テントとタープ自体はサイト内に収まりました。

IMG_0556-001.jpg

 こちらは奥側のS-24サイト。ここが一番広いのかな? 袋小路の行き止まりなんですが、トリック・オア・トリートパレードのとき、子供たちはこちら側の奥に見える橋のほうから乱入してきました。

IMG_0557-001.jpg

 手前側のS-22サイトです。ちょっと小さいかな? 少し変形だし。

IMG_0564-001.jpg

 こんな感じで正面はコテージです。コテージの窓からこちらを見下ろせます。こちらからもコテージ内がちょっと見えちゃいます。後ろには柵があり、その向こうは川。

IMG_0563-001.jpg

 近くに炊事棟が無いのでジャグを用意してきましたが、蛇口だけならありました。そのまま川に流れるので、洗剤を使った洗い物などは禁止ですが、とても助かりました。

IMG_0566-001.jpg

 トイレはこの簡易なものならそれなりに近くにあります。ちゃんとしたトイレはキャビンサイトに行くか、管理棟に行くしかないです。

IMG_0569-001.jpg

 ハロウィンキャンプなので、お菓子を準備しています。搭載が厳しい我が家にとってお菓子を持ってくるのは大変です ^^; 100個用意ということだったのですが、念のため130個持ってきました。100均で購入したテーブルクロスひとつで、サイトの雰囲気がとても変わりました ^^

IMG_0576-001.jpg

 テントを建てる前にお昼です。忙しいキャンプになるので、春日ICを降りてすぐの「ココモ春日」というスーパーで買ってきたお寿司とインスタント味噌汁、夕食用のコールスローを少し流用して昼食です。関西のお寿司としては珍しいことに、茶色く煮たかんぴょう巻きが入っています。シャリもすっぱく関東風です。丸く握った手まり寿司をひなちゃんがとっても気に入っていました。

IMG_0577-001.jpg

 食後テントを立てて一安心。アーリーチェックインの方は思ったより少なかったです。去年は風船を浮かべて、お菓子を配っていることを知らせたのですが、風船が浮かなくなったり飛んだりしてトラブルが多かったので、今年はフラッグになりました。

 普通ならテーブルはタープ内に設置するのですが、今回はイベントでたくさんの子供がやってくるので、サイト外なのかもしれませんが、外側にテーブルを設置しました。今回は特に激しかったので、もしサイト内に設置していたら大変なことになっていた予感です。火気、熱いもの、割れ物などはお菓子から離れたところにおかないと危険です。テーブルにコーヒーなんか置いたら悲惨なことになります。

IMG_0580-002.jpg

 そうこうしているとお隣の方がチェックイン。ひなちゃんは早速お友達になり、テントを建てるのを邪魔します ^^;; 申し訳ないので、ポップコーンをおすそ分け。画像は我が家の分のポップコーンと丹波の黒豆の枝豆、料理に使えるかもと購入したかぼちゃ。そうそう、丹南篠山口インターチェンジの出口が行きも帰りもすごい渋滞していました。これがうわさの黒豆渋滞なのかな?

IMG_0581-002.jpg

 今夜のメインディッシュ「パプリカの肉詰め」をハロウィン形に穴を開けてディスプレイ。次のかぼちゃに取り掛かるころにトリック・オア・トリートの集団が嵐のようにやってきて去って行きました。

IMG_0582-002.jpg

 やはり100個のお菓子はあっという間に無くなり、予備の30個も無くなりお菓子を渡せない子供がいてかわいそうでした。飾っていた黒板の文字が消えていてその激しさが分かると思います。飾っていたパプリカも倒れてしまいました。ひなちゃんは小学校1年生なので、いけのこが一緒に付いて回ったのですが、とっても激しい弱肉強食のパレードだったようです。キャンプ場のお菓子を取れない子供たちへのアドバイスは「まわり方が下手だから取れない」と言っているのが聞こえてきましたが、それは違うように思います。ひなちゃんはファイトがあるほうなので、押し倒されたりしても頑張って、それなりにお菓子をもらって帰ってきましたが、未就学児の子供が母さんと一緒であっても、お菓子を取るのが怖くて、あきらめて帰ってきていました。

 時間が決まっていて、集中して回るので、どうしても体力のある子供にお菓子が偏ってしまうようです。お菓子を配るほうにとっては、仕事があっという間に終わり、待っている間に夕食の準備ができるのでありがたいのですが、子供にとっては厳しいシステムかもしれません。最終日の11月3日は持参するお菓子を120個に増やしたようですが、それだときっと足りないです。150個持っていくことをお勧めします。

IMG_0586-001.jpg

 パプリカの肉詰めを作ります。パプリカは高さがあるので、今回は10インチディープキャンプダッチオーブンをキャンプ場ではじめて使いました。

 このキャンプ場では、19:30からキャンプファイヤーがあるので、夕食を遅くとも18:30には始めないと、後片付けなどがありキャンプファイヤーに間に合わないので、頑張って準備をして17:44にメインディッシュを作り始めました。1時間掛かる料理なのですでに15分遅刻です。完成時間に合わせて18:00にご飯を炊き始めます。

 想定内ですが、詰め物の肉があまったのでハンバーグも焼きます。余った詰め物に、余ったえのきを混ぜ込んで焼いたのですが、かなりおいしいです。何度か肉に多量のもやしを入れた巨大ハンバーグを作っていますが、えのきを入れるほうがおいしいかも?

IMG_0596-001.jpg

 パプリカの肉詰めハロウィンバージョンとハンバーグが完成しました ^^ コールスローは朝に家で作ったものです。

 料理は完成したのですが、ひなちゃんがいません ^^;; ハロウィンハンターというイベントで、仮装して歩いているゾンビなどを見つけて、キーワードを教えてもらう必要があるので、お友達と一緒にキャンプ場をうろうろしています。トリック・オア・トリートパレード終了からキャンプファイヤーの間は貴重な食事時間なので、できれば18:00から19:30の1時間半はイベントが無いほうがありがたいです。

IMG_0595-001.jpg

 15分ほど掛けて、やっとひなちゃんを見つけて、予定をはるかに遅れての夕食になりました。肉詰めを半分に切るとこんな感じです。他に、スープやイカ墨のスパゲッティも作ったのですが、夕食が遅れたので、あわてて食べたので写真がありません。そんなわけで、キャンプファイヤーの開始時間には間に合いません。遅れて参加したキャンプファイヤーは、最初から参加している人のノリに付いていけず、ちょっとつまらない。

 キャンプファイヤーの後、お風呂に入りますが、ここのお風呂はいつも更衣室の床がびちゃびちゃ。浴室の出口のところの構造が、温泉や銭湯のものとは違い、ただの床だからでしょうか? マットも家庭用の普通のサイズのもので小さすぎの気がします。基本的に更衣室が狭すぎるのでしょうが、せめてマットを今の3倍程度に大きくしてほしい。

IMG_0599-001.jpg

IMG_0601_2018103013250894b.jpg

 お風呂の後、ひなちゃんはお気に入りの人形寝袋ですぐに眠りました。私といけのこは焚き火をしながらホットワインをいただきました。焚き火を着火する時の画像しかなかった ^^;;

IMG_0598-001.jpg

 テント内に靴を置くと、どうしても土がテント内に進入するので、今回初めての試みとしてA4ファイルホルダーを靴置きとして使ってみました。中にひなちゃん用のB5ファイルホルダーが入るのも便利。気持ちよく靴を置く事ができました。でも、結局それなりに土がテント内に進入してしまいました ^^;;
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
レフア  

ハロウィンキャンプの
トリック・オア・トリートのお菓子って
意外に積載を圧迫しますよね。
凄く分かります。
うちも先日のハロウィンキャンプで
100個近いお菓子を持って行きました。

しかし流石に森ひとのサイト数の子供の数だと
130個でも足りませんかー!!
べえさんが弱肉強食と言うのが
今回のレポを拝見して理解できました(苦笑)
未就学児のお子さんがちょっと可愛そうな、、、。

2018/11/01 (Thu) 16:09 | EDIT | REPLY |   
べえ  
Re: タイトルなし

レフアさんこんにちは。

お菓子は無理やり詰め込むわけには
行かないので、積載を圧迫しますね。

森のひとときは、今まではもっとのんびり
していたので、来年はきっとシステムを
戻してくれると期待しています。

でも、そろそろ他のキャンプ場のハロウィン
キャンプに行ってみたいな。

2018/11/01 (Thu) 18:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply