べえ

べえ

 先日買ったPoweraddのPilot X7 20000mAhとMP-Q3066GL 10000mAhの使用レポです。計測値はたった一回測っただけですので、正確なものではないことをご了承ください。

PoweraddのPilot X7 20000mAh

放電容量テスト

ただ、放電させるちょうど良いものが無く、0.27Aほど流れるUSB電球をキッチンで1日中点灯させました。あまりに電気の消費が遅いので、一度タブレットを充電しました。ま、ゆっくり放電させたほうがバッテリーにも良い気がします。

 結果はびっくりの15399mAhでした。43時間8分かけてのんびりと放電させたのが良い数値を叩き出せた原因でしょうか? 搾り出しすぎちゃってバッテリーが痛まないか心配です。もしかして20000mAhではなく、23000mAhくらいあるのかもしれません。ひょっとしたら電流計の数値が間違っているのかもしれません。

 残量が少ないまま置いておくとバッテリーが痛むので、すぐに充電を開始。Quick Charge 2.0の充電器で充電を始めると、最初は1.9Aほど流れました。このとき普段はあまり熱くならない充電器が50度くらいまで温度上昇しました。バッテリーはUSBコネクター付近が30度くらいで、他の部分は27度。室温は26度です(料理用輻射温度計で計測)。数時間で0.9A程度に落ちます。充電器の温度は40度くらいまで下がっています。エレコムの充電器にすれば充電が早く終わるのは分かっているのですが、充電器の発熱がQuick Charge 2.0用の充電器のほうが少ないので、そのまま外出。帰ってからもそのまま充電を続けたのですが、就寝時間になったので取り外しました。このときは75%のライトが点滅中でしたが、15時間15分充電して20941mAh充電していました。ほんとに20000mAhのバッテリーなのかな? 翌日、充電を続け18時間49分で23177mAhでした。USBのテスターが本当に信用できるものかどうか分かりませんので、この結果を鵜呑みにしないでください。その後テスターの接触が悪くなり、追試はできていません。

Pilot X7 充電スピードテスト


Poweradd_PilotX7_20000mAh

 充電開始時の座標は(685,1473)充電終了時の座標は(905,475)でしたので、220ピクセルの間に998ピクセル充電できたことになります。
 11時間の長さを測ってみますと59から985でしたので 11時間=926pix 1時間=84.2pix
 50%の長さを測ってみますと785から1402 50%=619pix 1%=12.38pix
 2.61時間で80.6%増えたことになります。

PoweraddのPilot X7の充電スピードは1時間あたり30.9%


Poweradd MP-Q3066GL 10000mAh

MP-Q3066GL 充電スピードテスト(1)

 25%から充電開始8:23スタート。スイッチを入れたら26%だった。それから35分で30%。電圧計を入れて測定を再開。最初は6.3V、1.3Aほどで充電している。19分後には0.34Aまで下がっていた。このとき39%。そのままでは電流が増えそうに無いので、USB2に差し替えてみた。この時点で39%。430mA。USB2だと4.98V1.02Aと倍以上の電力で充電開始。30分で703mAh、54%になっていた。このままではあまりに悲しいので、タブレットをPCで一瞬充電。再度Quick Charge 3.0端子で充電を再開させると、6.7V、1.3Aで充電開始。その後少し電流が減るものの、Quick Charge 2.0充電器で充電するときとは違い、時々電流が減る現象も無く安定して充電を続け、19分で66%。496mAh流れていました。

MP-Q3066GL 充電スピードテスト(2)


MP-Q3066GL 10000mAh

 充電開始時の座標は(735,1437)充電終了時の座標は(1032,686)でしたので、297ピクセルの間に751ピクセル充電できたことになります。
 6時間の長さを測ってみますと200から1154でしたので 6時間=954pix 1時間=159pix
 1%=12.38pix なので、1.87時間で60.7%増えたことになります。

Poweradd MP-Q3066GLの充電スピードは1時間あたり32.5%


 放電して、容量を調べたいのですが、残念なことにテスターの接触が悪くなってしまい放電テストはできませんでした。

結論


 残念なことに、USBテスターの接触が悪くなり、容量を正確に測る事ができませんでしたが、Poweradd Pilot X7 もMP-Q3066GL も、カタログ値程度の容量はあるように感じています。充電スピードはPilot X7 は充分早いと思います。MP-Q3066GL はQuick Charge 3.0規格であるのに、Quick Charge 2.0のAC充電器に負けているのはちょっと残念。ただ、充電する相手側のQua tab PX がQuick Charge 2.0なので、真価を発揮できないのは仕方がないのかもしれません。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply