いけのことべえ

ARTICLE PAGE

ワッフルメーカーのシーズニング

ダッチオーブンン・スキレット
  • comment0
 Romeのワッフルメーカー「オールドファッションワッフルアイアン」がやってきたので早速シーズニングです。最初は洗剤とお湯と固めのたわしでゴシゴシしてワックスを出来るだけ取ります。

old fashioned waffle iron
old fashioned waffle iron

 最初は汚い感じでしたが、かなりきれいになりました。

old fashioned waffle iron

 頑張って洗っても、Romeの鋳物製品はワックスがかなり塗られているようで、かなりのワックスが残っているので屋外でシーズニングをしないと、煙と臭いで大変なことになります。

old fashioned waffle iron

 最初の5分くらいで汚く変色していきます。

old fashioned waffle iron

 10分から15分くらい焼くときれいになっていきます。これくらいきれいになったら室内で焼いても臭いや煙が気になりません。持ち手や先端がまだ焼ききれていませんが残りの作業は室内でしました。その間にもう1枚を屋外で焼きました。(写真は実は2枚目)

old fashioned waffle iron

 全体がむら無く焼けたらもう一度お湯とたわしで洗い、暖めて乾かしてから薄くショートニングを塗ってシーズニングです。最初にスキレットの空焼きと同様2分ほど強火で焼き、煙が出たら弱火にして10分ほど焼きます。まだ油を塗っていないものを並べてみましたが、結構差が出ますね。日本ではダッチオーブンのシーズニングにオリーブオイルを塗る事が多いのですが、アメリカでは大抵ショートニングを使います。パンを焼く型も油を塗って空焼きをするのですが、臭い、色、釜離れなどで明らかにショートニングが優れています。我が家では鋳物類にもショートニングを使っています。製パンの福袋を買うと大抵ショートニングが付いてくるので使わないと余るってこともあります。なお、この製品の説明書にはシーズニングにはベジタブルオイルかショートニングを使い、バターは使うなと書かれています。RomaのPie Iron にも同様の注意がありますが、バターに加えてオリーブオイルも使うなと書かれています。

old fashioned waffle iron

 その後2枚目も同様の作業をして、その間1枚目は210度に熱したガスオーブンで焼き、2枚目も作業が終わってからオーブンに入れ30分ほど焼き、最後に庭のネギを抜いてきて焼いてシーズニング終了。ネギは美味しく頂きました ^^ 少し厚みのある野菜のグリルが出来そうです。

old fashioned waffle iron

 先日、いけのこが天然酵母を起したので、天然酵母のリエージュワッフルの生地を作っていたので、最初のワッフルはリエージュワッフルにしました。

old fashioned waffle iron
old fashioned waffle iron

 まわりがさっくりとした味わいで、鋳物らしい味わいでした。形的にはリエージュワッフルではなくアメリカンワッフルなので、そのうちアメリカンワッフルを焼いてみたいと思っています。少し厚目のワッフルが焼ける感じです。

ビタントニオでリエージュワッフル

 実は生地を早めに作っていたので、朝食はビタントニオのワッフルメーカーを使ってリエージュワッフルを作っていました。こちらの方が深さのある型なので見た目がかっこいい。リエージュワッフルらしい出来上がりです。

old fashioned waffle iron

 その後、お湯とたわしで洗い再度オーブンで焼いたのがこちら、内側は割ときれいに黒くなりましたが外側や持ち手の色が薄いのでこの後もう一度油を塗ってオーブンで焼いてこの日は終了です。これからは使いながら鍛えていきたいと思います。

・シーズニングの手順のまとめ(Romeのワックスが塗られた鋳物製品の場合)
1)お湯と洗剤を使いたわしでよく洗う。
2)水気を拭き取ってから、屋外で火に10-15分ほど掛けてワックスを焼き飛ばす。
3)屋外または屋内で、焼けむらがある部分を良く焼く。
4)お湯とたわしでよく洗う。
5)焼いて水分を飛ばしてから、少し冷まして油を塗る。油はショートニングがお勧め。
6)最初強火で煙が出るくらいまで焼き、煙が出たら弱火にして全体で10分ぐらい焼く。
7)再度油を塗り焼くことを繰り返す。2、3回ほど焼けばOK。
8)野菜を炒めてから使う。

 なお、鋳物製品の場合、流通段階で錆びないように、下記のように色んな種類のさび止めが施されています。今回のようなシーズニングは1)と2)の場合に必要です。3)の場合は使いながら自然に塗装が取れるのを待ちます。4)の場合は軽く洗ったら普通に使ってOKということになっています。

1)ワックスが塗られたもの
2)ラッカーが塗られたもの
3)シリコン塗装されたもの
4)シーズニング済みのもの
関連記事

Comments 0

Leave a reply