いけのことべえ

ARTICLE PAGE

2015年ジャガイモのプランター栽培記録

プランター菜園
  • comment0
 2015年のジャガイモのプランター栽培の記録です。今年はジャガイモ用の「プランター菜園上手ジャンボ65型」(72リットル)を3個購入しているので、楽しみです。昨年プランターのジャガイモ栽培があまりよく育たなかったので、今年は思いきって肥料を多目(適正って意味です)に使う作戦で行こうと思っています。収穫まで随時更新予定です。

1月31日 種芋購入
シェリーの種芋

 シェリーの種芋購入。ジャガイモ専用プランター3個で育てることになりますので、6株分の種芋ということで、小ぶりのイモを6個購入しました。6個で480g190円程度でした。平均1個80gの種芋って事ですね。とりあえず、温度が安定している地下車庫に放置することにしました。左上の1個だけ既に芽が出ています。本当は昨年同様シンシアを買うつもりだったのですが、いけのこが好きでよく購入しているシェリーの種芋が売っていたので急遽変更しました。



リッチェルのHP(じゃがいもを作ってみよう!

2月12日 浴光催芽開始
浴光催芽

 そろそろ春めいてきたのでサンルームで浴光催芽を開始することにしました。でも、寒い日は深夜氷点下になる事があるので数日であきらめ、昼はサンルーム夜は室内で上に紙を乗せて保温することにしました。17日の朝で最高温度20度最低温度12度くらいです。画像は2月14日のもの。

2月21日
シェリー

 ちょっと芽のようなものが出てきているのかな?

マグミタス1号

 我が家のプランター用の土の酸度は7ほどあり、あまりジャガイモには適していません。マグネシウムを与える場合、普通なら苦土石灰を入れれば良いのですが、アルカリにしたくないので試しに硫酸マグネシウムの肥料「マグミタス1号」を購入し、先日ラディッシュの土に利用してみました。驚くほど急激にペーハーが変化するわけではなさそうなので、本命のジャガイモにも使ってみます。成分はMg:18 Fe:3 イオウ:14 ケイサン:16ということなので、15%程度の苦土石灰と大体同じ量のマグネシウムが含まれています。今回は土1リットルに対し0.5g入れましょう。根菜なので硫酸カリ(K48%)も使いましょう。こちらも土1リットルに対して0.5gにしてみました。硫酸カリは追肥でも使ってみる予定です。メインの肥料はマイガーデンベジフルを使いますが、N:P:K:Mg=7:7:10:1.5をじゃがいもの場合リットルあたり4gです。合計すると、N:P:K:Mg=7:7:16:6の肥料を1リットルあたり4g与えることになります。

2月28日
プランター菜園上手ジャンボ65型に72リットルの土

 72リットルの大型プランターを使うので、とりあえず土の準備をすることにしました。プランターのジャガイモの育て方の図を見ると最初は半分くらいまで土を入れるので35リットル×3になるので105リットルほどの土が必要になります。腐葉土と堆肥、パーライトをそれぞれ1割入れるので土70リットル、腐葉土、堆肥、パーライト各10リットルほどあれば大丈夫だと思われます。pHが変化する硫酸カリと硫酸マグネシウムだけ先に混ぜてこの72リットルのプランター1杯分の土を用意しておくことにしました。

プランター菜園上手ジャンボ65型に32リットルの土

 このプランターには目盛りが1,2,3と付いており、植え付け時は目盛り1まで土を入れるのですが、この画像は32リットル入れた時の物大体OKみたいですね。

プランター菜園上手ジャンボ65型に48リットルの土

 こちらは16リットル追加したものですが、目盛り2を少し超えてしまいました。増し土は15リットル程度と思われるので、3倍の45リットルが必要。土自体は31.5リットル用意すればOK。ちょうど、石灰窒素で処理した漬物石の土がそれくらいだと思われますので、そちらを利用したいと思います。

3月6日
ジャガイモ用土

 処理した土7リットルに腐葉土、堆肥、パーライト各1.5リットルを混ぜて土の準備しました。まだ肥料は入っていません。堆肥を入れる前にpHを測ってみましたが、微妙に下がっている(0.1程度)感じです。背の高いプランターなので上と下で違うかと思いましたが、はっきりとした違いは分かりませんでした。

ジャガイモの種芋

 浴光催芽している種芋ですが、ちゃんと芽が出ました ^^ あとは肥料を入れることと植え付けだけです。

3月13日
 いよいよ明日植えつけ予定ですが、夜から昼まで雨の予報。プランターの上にマルチをかぶせ、その上にトロ船を乗せ雨で土が濡れないようにした。

3月14日
ジャガイモのプランター
ジャガイモのプランター

 プランターの土は雨に濡れずにすんだので、マイガーデンベジフルをリットルあたり4g入れて、32リットルの土を入れたプランターを3つ作りました。昼から出かけたので植え付けは明日の予定です。なお、すのこが無いプランターなので普通は鉢底石を入れると思うので、悩んだのですが、プランターのジャガイモの育て方で特に触れていないみたいなので入れませんでした。メーカーのHPには「通気性と排水性が高いので、目皿が必要ありません。」とは書かれていますが、鉢底石が不要とはかかれていません。

レリーフプランター650に14リットルの土

 余った土14リットルにマイガーデンベジフルを90g入れて、小松菜用にレリーフプランター650(16リットル)に入れましたが、ほぼ限界って感じでした。16リットルという数字はウォータースペース無しの数字だと思われます。

3月15日 植え付け
ジャガイモの種芋
ジャガイモの植え付け
ジャガイモの植え付け

 やっと植え付けです。種芋は左から1-6番。プランターは左からA,B,C。Aの奥に1番、手前に2番、Bの奥に3番って感じで順番に植えつけました。深さは芋の底まで8センチくらい、芋の方向は芽が外側におきました。雨が降りそうな天気なので水はやりませんでしたが、15時くらいから雨になりました。

3月23日
ジャガイモのプランター

 寒波が来るので、プランターに黒マルチを張った。土が凍る日もあったが、ジャガイモのプランターは大丈夫だった。画像は取り外した28日のもの。しばらくは最低気温が10度前後で推移するので大丈夫だと思いますが、5度程度の予報が出たら何か霜対策を考えます。

3月29日
ジャガイモの発芽?

 いよいよジャガイモの発芽が始まるみたいです。2箇所だけですが、土が割れたり盛り上がったりしています。

3月30日
 夜8時ごろ寒く感じたのでジャガイモのプランターの土の上に温度計を置いたら温度が6度でした。上から透明マルチをかぶせた。天気予報だと夜9時で14度、朝6時で10度、過去の予報では12度でしたが、土の上の最低気温は3度でした。

3月31日
ジャガイモのプランター

 芽がそろそろ出そうなのでリッチェルのプランター純正の「かんたん虫よけセット」を購入してアーチバーを一番低くなるようにしてセットしました。これで虫はもちろん急な霜にもある程度対応できそうです。今夜は朝の最低気温16度なので絶対に安全だと思われますが念のためにビニールをかぶせてみました。

by カエレバ


4月2日 発芽
ジャガイモの発芽

 朝、3株が発芽していました。残りの3株も地割れしているので、6個の種芋が全て無事発芽のようで一安心です。
 3月31日の夕方から温度計を設置していたのですが、ネットの上からビニールをかぶせていても最低気温6度、最高気温30度でした。ちなみに、天気予報の最低気温は10度でした。

4月9日
じゃがいも

 ビニールをかぶせて、無事寒波を乗り切りました。こちらは、一番育ちがよいプランターCの様子です。Aはまあまあ、Bはもうひとつって感じです。15日に芽かきと土寄せをする予定です。

4月18日 芽かき、土寄せ 植え付けから34日
ジャガイモのプランターA
ジャガイモのプランターB
ジャガイモのプランターC

 上からプランターA,B,Cの様子です。AとCはかなり芽が出ています。Bの3番の芋が1本、4番が2本しか芽が出ていません。プランターB以外を芽カキして芽を2本ずつにしました。レリーフプランター850(42リットル)に入れていた古い土を使い、土10リットルに付き腐葉土1リットル、牛糞堆肥1リットル、パーライト2リットルを混ぜ、プランターの2番の土寄せラインまで土を加えました。途中、黒曜石パーライトがなくなったので、プランターCだけ真珠石原料のキングパールというパーライトを使いました。
 堆肥や腐葉土以外は、特に追肥はしていません。5月4日前後に各プランターにIB化成を60gか70g程度条溝施肥で追肥予定です。

4月26日
 葉っぱがネットの一番上まで届いたので、アーチバーを一番高くなるようにした。最近雨が無いのでたっぷりと水をやった。

5月1日
 プランターCがネットを突き破りそうな勢いだったのでネットを外した。その後しおれて葉っぱが広がりとっても邪魔。

5月17日 土増し
プランターB

 プランターAとBはこんな感じ。虫除けマットをかぶせたままです。

プランターC

 プランターCはこんな感じです。プランターCだけ5月1日に虫除けネットを外したのですが、通路の横で邪魔で仕方が無かったので、プランターAとBではさんでいます。そんな訳で、AとBのネットを取るのが面倒で放置していたのですが、そのため中がむちゃくちゃなことになってしまいました。

プランターA
プランターB

 ネットを外したプランターAとBです。ものすごい数のアブラムシで触りたくない奇聞です^^;; 虫除けネットなど無くても、プランターCにはアブラムシが付いていません。ネットのおかげでアブラムシパラダイスになっちゃったみたいです。ま、頑張って土増しをしましょう。

石灰窒素で処理した土

 プランターに入れる土はまだ寒い時期に石灰窒素で処理した土なんですが、たくさん芽が出ているのが分かるでしょうか?

発芽した籾殻

 なんと、土に混ぜた籾殻が発芽していました。

培養土風

 土を10リットルにパーライト2リットル、堆肥2リットル、腐葉土1リットルを混ぜた土を各プランターに入れました。

プランターA 土増し後
プランターB土増し後
プランターC 土増し後

 土増し後の姿です。この後、プランターAとBは倒れたようになっています ^^;; 葉っぱ自体はとっても緑が濃く元気な感じなので、追肥は無しで行こうかと思っています。ただ、最後に入れた土が、窒素飢餓状態かもしれないのでちょっと心配。虫除けにパセリなどを載せています。

6月24日 収穫
ジャガイモ(シェリー)のプランター栽培 収穫
ジャガイモ(シェリー)のプランター栽培 収穫

 雨が多く収穫が遅れていましたが、やっと収穫です。4.5Kgほどありました。種芋1個当たり750gの収量という事になります。

ジャガイモ(シェリー)のプランター栽培 収穫

 プランターAです。あまり葉っぱが多くありません。

ジャガイモ(シェリー)のプランター栽培 収穫

 プランターBです。こちらが特に良くない感じですね。AとBは長期間防虫ネットをかぶせたのがあだとなったようです ^^;;

ジャガイモ(シェリー)のプランター栽培 収穫

 プランターCです。こちらは早めに防虫ネットを取ったのが良かったのか、葉っぱが多く芋の数大きさとも良いものでした。葉っぱが邪魔でこんな感じで支柱を立てたのも良かったのでしょう。


 そんな訳で、AとBの防虫ネットをもっと早く取っていれば種芋1個当たり1Kgの収量があったと思います。ただ、栽培後期あまり元気が無かったので、やはり5月に追肥をすべきだったと思われます。来年は、そのあたりを改善して収量を増やしてみたいと思います。これにてこの記事を〆ます。
関連記事

Comments 0

Leave a reply