いけのことべえ

ARTICLE PAGE

ワイルドなホタルキャンプ

キャンプ
  • comment0
 梅雨とは思えないとても良い天気が続いていたので、本格的な梅雨空になる前の6月17,18日にキャンプに行くことが突然決定。先週が弾丸キャンプだったので、今週は近場の中畑ファミリー園でレイトも付けてのんびりと過ごすことにしました。

IMG_0342.jpg

 お昼ごろに到着。看板が新しくなっていました。ホームページも新しくなって分かりやすくなっていますね。我が家は平地式テントサイト1で、一泊510円。デイ利用310円の合計820円です。ここはチェックイン10時からチェックアウト10時なので、チェックアウトが忙しいので、昼ごろのアウトでもデイをつけるとのんびりできて良いと思います。
中畑林間ファミリー園

IMG_0324.jpg

 昔ながらの木枠で囲まれたサイトですが、我が家のナバホ400なら余裕。周りに余裕があるのでぎりぎりに建てます。この後すぐに、ひなちゃんはキャンプ場内の小川にいけのこと一緒に遊びに行ってしまいました。子供に人気の小川で、かわせみを見たことがあります。魚や、カニ、カエル、ヤゴなど自然豊かな川です。そんなわけで、楽しいのでしょう、いつまで経っても戻ってきません ^^;; ちなみに、湧き水で出来た小さな池もあり、そこにもカエルがよくいます。

IMG_0327.jpg

 大体完成です。タープが良い仕事をしてくれています ^^ タープがない場合、反対向きにテントを建てて、奥をリビングにするのが良いかもしれません。

IMG_0334.jpg

 テントが建ってもなかなか二人が帰ってきませんでしたが、14:00を過ぎてやっと帰ってきました。大きなおたまじゃくし(トノサマガエル?)やドジョウ、ヨシノボリなどが入っています。今まではカニやアメンボなどが専門でしたが、やっとお魚も捕れるようになったようです ^^

IMG_0336.jpg
IMG_0338.jpg

 お昼ごはんは華色ひやむぎです。麺類は火力がいるバーナーが欲しいので、久しぶりにGSSAが登場。轟音でさくっとお湯を沸かしてくれました ^^ このコールマンのクッカーセットの大鍋は約2.8リットルなので、300gの冷麦だとギリギリって感じです。

IMG_0339.jpg
IMG_0341.jpg

 ユニフレームのフィールドシンクで麺を洗い、盛り付けました。このキャンプ場の水は水道水なのですが、とても冷たかったです。美味しく冷麦を食べて、一袋300gがあっという間になくなりました。暑いこれからの季節、ランチの定番になりそうです。

IMG_0344.jpg
IMG_0345.jpg
IMG_0346.jpg

 今回はロッジの10インチキャンプダッチオーブンと10 1/4インチスキレットをスタッキングして持ってきました。きれいに入るし車載にもやさしいのですが、なにぶん鋳物ですので、その重さで割れる可能性があります。もし参考にされる場合は自己責任でお願いします。

IMG_0348.jpg
IMG_0349.jpg

 最近手に入れたA&Fの10インチ用ダッチオーブンキャリングケースです。SOTOの8インチステンレスダッチオーブン用の収納ケースがロッジのサービングポットに取られているので、8インチステンレスダッチオーブンを入れて持ってきました。ロッジと違ってメイドインジャパンでした ^^ ただ、入れ方が、蓋の上に反転させたダッチオーブン被せるタイプなので、あまり好きではないかも?

IMG_0352.jpg

 食事を終えたらまたお出かけ。今度は田んぼのほうに行ってザリガニやおたまじゃくしを探すようです。この画像を見るとかなり坂なのが分かると思います。トイレや炊事場は坂の下にあるので、元気が無いと徐々に体力を奪っていきます。テントを建ててお疲れの私はタープの下でまったりとした時間をすごしたいのですが、このキャンプ場はとってもワイルド。坂道を走ってこけて血だらけになった子供が、怪我を自慢しにやってくるようなところで、子供をワイルドにしちゃう魔法が掛かっているらしいw 今回は幸いそういう子供はいませんでしたが、走り回っているのはいつもと同じで、これが深夜まで続きます。ちょっと大きめの子供は腕立て伏せをしたりしていて、合宿かい?って感じでしたw

IMG_0354.jpg

 二人の手にはお土産がいっぱい ^^;; 田んぼで地元のおじさんと出会い、金魚を育てていた水槽におたまじゃくしがいっぱいいるので貰ってきました。それだけならよいのですが、流金や柿の木の苗まで ^^;; このおじさん、以前中畑林間ファミリー園の管理人をしていたこともあったそうで、とても親切にしてくれたようです。ありがとうございます。

 おたまじゃくしはわりと小さな海苔の入れ物に入っていたので、翌日の夕方まで生かして家に持って帰るのは厳しそうなので、急遽ホームセンターまで行って観察かごをひとつ購入。キャンプ場の池の水を使い、夜と朝と帰る前に水を入れ替えおたまじゃくしと金魚を家に持って変える作戦で行くことにしました。おたまじゃくしは現在使っていない我が家の池をきれいにして放す作戦です。アマガエルになったら、庭のナメクジを一掃して欲しいな。

IMG_0355.jpg
IMG_0356.jpg

 ホームセンターまで行ったので、夕食の準備がちょっと遅くなってしまいましたが、この日のキッチンです。今回はガスコンロ一台と熾き火、火熾し器に入っていた少量の消し炭でワイルドに調理します。GSSAを車まで取りに行っても良かったのですが、これで充分調理可能だと判断しました。

IMG_0357.jpg
IMG_0358_201706191104454ce.jpg
IMG_0359.jpg

 まずはご飯。8インチステンレスダッチオーブンで2合炊きます。沸騰するまではガス。沸騰したら熾き火に掛け、上からも少し加熱します。蒸らすときに、チャコールブリケット4個を乗せてみました。新兵器のロッジのデラックスリッドリフターですが、蓋の上に炭がたくさんある状態だと使いにくく感じます。それに8インチだとギリギリです。
 炊き上がって蓋を開けると、見た目は硬そうな感じ。食べてみるといつもより甘くて美味しく炊けていました ^^

IMG_0363.jpg

 ご飯が熾き火に移動したら、10インチキャンプダッチオーブンを一度過熱して油を塗り、次の料理に備えます。今回はフランス田舎料理の、おばあちゃんのチキン(別名:チキンと40かけのニンニク)です。バターを使って手羽元を色よく焼きます。

IMG_0366.jpg

 今回は半量の手羽先12本なので、ニンニク20欠片とセージ、タイム、ローリエ、ローズマリー、水少々を入れて、蓋をして熾き火にかけ弱火で30分。

IMG_0369.jpg

 ガスが空いたらお湯を沸かし、ローズマリーとジャガイモを5分間ゆでます。ゆでたらジャガイモだけを取り出し10 1/4インチスキレットで色よく炒めます。焚き火にかけるケトルがあれば、お湯を沸かす時間を短縮できるので、欲しくなります ^^;; あ、クッカーセットのステンレスの大鍋を使えばよかったかも・・。

IMG_0371.jpg

 色よく焼きあがったジャガイモに、薄切りのたまねぎを加え、辛味が抜ける程度に軽く炒め、

IMG_0373.jpg

 ランチドレッシングを絡めて「ベイクドポテトサラダ」の完成。この日は冷麦の青ねぎが余っていたので、ねぎも一緒に絡めました。ランチドレッシングは、お昼ご飯用のドレッシングではなく、牧場風ドレッシングと言う意味で、アメリカでは一番普通のドレッシングで、チキンナゲットなどのソースとして出てきたりもします。手に入らない場合白いミルキーな感じのドレッシングでOKです。

IMG_0374.jpg
IMG_0377.jpg

 おばあちゃんのチキンも完成。チキンの肉汁とニンニク、バターが怪しい変化をしたみたいで、まるで水あめのように糸を引くソースが出来ています。そんなソースが絡まったチキンは艶々でほろほろと肉が外れ、とっても食べやすく美味しい。力強い味はワインにぴったり。でも、ビールとリキュールしか持って来ていないんです ^^;; ご飯ではなくフランスパンが欲しい。意外なことにひなちゃんがニンニクを気に入ったようです。でも、たくさん食べさせるのはどうかと思い、2欠片だけ食べさせました。この料理は以前から知ってはいたのですが、ニンニク臭がすごいことになりそうなので、キャンプ場で作ってみましたが、重いダッチオーブンの蓋のお陰か、あまり臭いがもれませんでした。

 残ったソースを拭き取り、少し水を加えると真っ白い液体になります。どうやら水あめみたいなソースはバターが乳化したものみたいです。白い液体を拭き取り、ペーパータオルと水だけでとてもきれいになりました。

 食後、いけのこが「狐がいる!」と叫んだのでびっくり。猫かと思ったらきつねがいたそうです。その後、あちこちに出没して、皆さんカメラを持ってきつねを追いかけますが、撮影は難しかったです ^^;; 

 ダッチオーブンやスキレットの手入れをしていたらペーパータオルがなくなり、再度買出しに私だけが行きました。道中、ホタル見物の車でびっくり。帰ってきたら皆さんホタル見物に行くらしく、いけのことひなちゃんも出発しかけていたので、私も後を追いました。

DSC00894.jpg

DSC00895_2017061906273618b.jpg

 昨年もこのキャンプ場に来ていてホタルを見たのですが、そのときはあまりきれいではなかったので、ホタルを見に行く準備は適当で、デジイチの充電もしていませんでした。しかしながら、今年は違いました。すばらしいホタルでびっくりです ^^ ホタルまでちょっと遠いので、50mmF1.4を持ってきていたらもっときれいな写真が取れていたと思います。帰ってから、バルブ撮影をするためのシャッターリモコンを購入。次回(来年?)はもっときれいな写真を撮りたいと思います ^^

DSC00896.jpg

 ホタルの撮影は普通ホワイトバランスを太陽光にするのですが、そうするとこんな感じの色になります。中畑のホタルは種類が違うようで、黄色い感じの色に撮れます。風景も含め、街灯の光できれいでない感じに撮影されちゃうので、ホワイトバランスを電球色にして撮影しました。

 ホタル見物から戻ってくると、我が家のテントサイトの前に向かいの奥様が立っている。我が家のクーラーの辺りにきつねがいたそうです ^^;; いけのこがホタル見物に行く前に、食料品などをクーラーに全部入れたので、匂いに釣られたのかな? その後何度もきつねが出没しましたが、いけのことひなちゃんが、きつねを見つけたときは蛾を食べていたそうです。ずーっと遊んでいたひなちゃんは、テントに入るとすぐに眠りました。

IMG_0389.jpg

 23:00過ぎ、大人タイムになって、いけのことカシスオレンジを頂きましたが、甘すぎでした ^^;; ポンジュースと組み合わせたほうが酸味が効いて飲みやすいかも? 豚ばら肉の燻製を持ってきていましたが、あまり合わない感じなので、結局食べませんでした。今回はフランスパンとワインを持ってこなかったのが惜しまれるキャンプです。

IMG_0392.jpg

 いけのことお酒を飲みながらのんびりしていると、またきつねがやってきて、お向かいのコテージの荷物を狙っています ^^;; 分かりにくいかもしれませんが画面の中央にいます。このキャンプ場に住みついているのかな? このキャンプ場はいつ来ても子供たちが坂道で走り回っています。こけて血だらけになっても走り続けているワイルドな子供たちばっかりなので、居心地が悪そうなんですがw

IMG_0402.jpg
IMG_0403.jpg

 1:30ごろ、そろそろ眠ろうと歯を磨きに行くときつねを発見。何か食べているのかな? フラッシュを使って撮影しても逃げません。

IMG_0406.jpg

 ひなちゃんは真っ暗が嫌い。明るくないと眠れません。でも、UFOライトの光はまぶしいらしい。どうすりゃいいんだ! って事で、上向きに設置しています。これなら怖くならない程度に明るく、まぶしくもないようです。と言うことで私たちが眠ったのは2時過ぎです ^^; きつねに汚染されるのが嫌で、出来るだけ荷物を車に積んだりしたのは確かですが、それ以外2時まで何をしていたんだろ?
関連記事

Comments 0

Leave a reply