いけのことべえ

ARTICLE PAGE

キャンプの料理写真改善計画(1)

DIY
  • comment0
 キャンプ場で撮影する料理写真の写りがしょぼくて残念な事が多いです。

じゃのひれオートキャンプ場
イラン風ピラフ

 我が家のランタンは暖色LEDがメインなので、色温度が低く、調理中はその光から離れたところで撮影する事が多いので、いろんな色温度の光が交じり合った暗い光で撮影するためです。そんな訳で高演色LEDを使った手ごろなライトがあれば良いのですが、大げさな物が多くお値段も高め。

IMG_2790.jpg
IMG_2795_20161026183105f4f.jpg
IMG_2793_20161026183107b3e.jpg



 そんな訳でお安いリング型のLEDユニットを買ってみました。自動車業界ではイカリングと呼ぶらしいです。

IMG_2849.jpg

 使ってみたら青い青い ^^;; 色々とカメラの設定を変えてみますがもう一つ決まらない。しかも、露出を-2/3くらいにしないときれいに写りません。

IMG_2897.jpg
IMG_2898.jpg



 苦し紛れで、プリンタ用紙をかぶせてみました。これで思った以上に色温度が下がった感じ。電源はこのMAX120mAまで流れる単三二本で12Vが出る物を使用。ちょっと電流が厳しい感じなので、自作予定ですがテスターが出てこないので、材料はあるのですがストップしています。ちゃんと流れたら色も明るさもかなり変わる予感です。

IMG_3130.jpg
IMG_3131_20161118120629812.jpg

 遊びもかねて、高演色LEDの5630を使った自動車用のLEDを2種類中国から購入。LED9灯のものと24灯のものです。5630は定格の50mA流すと1個20lmあるので24だと480ルーメンになっちゃいますw

 

 残念ながら271円の方はあまりきれいな色じゃなくイカリング以下なので、自動車のルームライトにしました。24灯の656円の方がかなり明るく色も悪くない。同じ5630というLEDなのに、色が違うのでびっくりです。これとイカリングを使ってきれいに撮影できないか試行錯誤中です。

室内の蛍光灯やLEDの混ざった照明で撮影
IMG_3265.jpg

 ミックス光で条件はよくないと思うのですが、自然な色で美味しそうです。電球モード1/60 F2.5

イカリング
IMG_3267.jpg

 室内の照明を消して、イカリングだけを使って撮影した物です。ちょっとまぶしい? 昼白色蛍光灯モード 1/60 F3.2 -1/3

IMG_3268.jpg

 もう少し暗くしてみました。昼白色蛍光灯モード 1/60 F3.5 -3.5

5630 SMD LED 24灯
IMG_3273_201611181214596de.jpg

 照明を消して5630の24灯だけで撮影した物。昼光色蛍光灯モード 1/250 F4.0 -2/3 すごく明るいですね。

キャンプ場にてIKEAの1000lm電球で撮影 1/30 F2
IMG_3069_2016111812415866e.jpg

キャンプ場で上記照明にイカリングをプラスした物 1/60 F3.2
IMG_3068.jpg

 実際にキャンプ場でランタンなどの光が混ざると、まわりが変な色になる事があるし、周りに光が回らないので微妙です。このときは 5630 SMD LED 24灯の方はまだ手元に無かったのですが、こちらだと明るいので光があまり混ざらないかもしれません。ただ、リング状じゃないので影が目立つかも? イカリングはキャンプ場でも、とても簡単に撮影できました。もう少し演色性が良く明るいと良いのですが・・。

  

 ここまで2000円かけてしまいました。ま、自動車のルームライトがとても明るくなったのでOKですが。こんなことなら専用の機材を買った方が良かったかも? でも、どれも大きくて大げさで、片手に照明、片手にデジカメのスタイルで撮影するのは苦痛のような気がします。でも、明るいランタンを一つ買い増したと思えばいいのかな。とりあえず、次回のキャンプでは5630の24灯を使って実験してみます。
関連記事

Comments 0

Leave a reply