いけのことべえ

ARTICLE PAGE

Pie Iron を使ってみた感想

サンド、パニーニ等
  • comment0
 ラウンド型のPie Iron を一通り使ってみたので、感想や使い方について書いてみたいと思います。なお、まだ焚火では使っていません。2月と3月は週末に予定が入っているので、使えるのは4月に入ってからになりそうです ^^;;

PieIron の説明書

 パッケージをスキャンしたものです。
・基本的な使い方は
1.Pie Ironの上にスライスしたパンをバターを塗った面を下にして置く。
 調理した肉やフルーツなどの具をパンの上に置く。
2.バターを塗った面を上にして2枚目のパンを具の上に乗せる。
3.パンがゴールデンブラウンに焼けるように、時々反転させて
 中火で3分から6分掛けて焼く。

※注意書きに、弱火か中火で使うように書かれています。強火で使うものではないらしい。

・シーズニングについて
 錆止めはラッカーかと思っていましたが、パラフィンワックスとかかれています。石鹸と温水でワックスを取るようにかかれています。その後、焼いてワックスを溶かし再度石鹸と温水で洗うそうです。

 シーズニングに使うオイルはquality vegetable oil またはショートニングと書かれており、バターやオリーブオイルは使うなとも書かれています。オリーブオイルは日本でダッチオーブンのシーズニングに良く使われているのですが、なぜダメなんだろう?

・レシピについて
 書かれているレシピはセイボリーパイ(総菜パイ)とサンドイッチとして、Dutch ham & cheese, The wisco, Tuna melt, Grilled caprese, Summer sausage sandwich, Deluxe pizza, fiesta torta, Chili dogの8種類。
 デザートのClassic fruit pudgie pies, Sweet & salty s'mores,Honey date pie, Chocolate hazelnut treat, Grilled PB&J, Banana split, caramel apple 7種類です。どのレシピも、数行から7行くらいで書かれた簡単なものです。

Rome のHPです


 実際に使ってみて感じるのは、私が購入したラウンドタイプはちょっと小さいく、食べ応えがありません。このラウンド型のPie Iron の内径は96mm、外径106mmくらいです。日本の食パンだと半分くらいは、はみ出してしまいます。アメリカの食パンはもっと小さいのでロスが少ないようです。角型なら、日本の食パンだと、ロスが少なくはさめてちょうど良いのかもしれません。ローフ型で焼いたパンだとちょうど中に入るくらいだと思いますが、実際に試したわけではないので保障は出来ません。角型も欲しくなるなw

Rome Pie Iron

 こんな感じではみ出します。食パンは6枚切りです。

Rome Pie Iron
Rome Pie Iron
Rome Pie Iron
Rome Pie Iron

 パスコのイングリッシュマフィンはジャストサイズです。いけのこが持っているイングリッシュマフィンの方もジャストサイズなので自家製のイングリッシュマフィンでも使えると思います。ただ、イングリッシュマフィンは回りにコーングリッツが付いているので、あちこち汚れるのが面倒かもしれません。

IMG_9085.jpg
IMG_9088.jpg

 焼きあがりは文句ありませんが、普通に挟むとこんな感じでパンの耳を挟んでしまいます。耳の部分が適度にカリカリとして美味しく味的には問題ありませんが、気になるなら上側のパンのヒンジに近い面だけ耳を切ってしまっても良いと思います。

マルシンハンバーグのホットサンド
Rome Pie Iron

 はみ出した部分が燃えて焦げてしまいます。食べる時に取っても良いですが、はさんだままハサミで切ったりナイフでこそぎ取る方法もあると思います。

マルシンハンバーグのホットサンド
・6枚切りで作ったマルシンハンバーグのホットサンド

IMG_9087.jpg
・8枚切りで作ったマルシンハンバーグ+スロッピージョーのホットサンド

 使う食パンは6枚切りと8枚切りを使いましたが8枚切りのほうがはさみやすかったです。ただ、画像を後から見ると、6枚切りのほうが隙間なくはさめていてきれいですね。6枚切りの方は強火で焼いてみました。片面40秒ですが、特に問題はない感じです。

Pie Iron

 Pie Iron のメリットは、こうやって調理に使っても安心なことだと思います。鉄の調理器具は使えば使うほど焦げ付かなくなっていくので安心です。

Pie Iron でパンプディング
Pie Iron でパンプディング
Pie Iron でパンプディング

 あまったパンの耳をパンプディングにしてみました。8枚切り3組を作って余ったパンの耳のかけら3組×2枚×4個=24個に対し牛乳150g、卵1個、砂糖10gで4枚くらいを焼ける感じです。1枚あたりパンの耳のかけら6枚ってことです。

Pie Iron でパンプディング

 卵液を多めに入れるとこんな事になるので、卵液のしみこんだパンだけを乗せるのが無難です。こんなことになってもPie Iron はお湯とたわしだけで簡単にきれいになりました。

ホットビスケット
ホットビスケット
ホットビスケット
ホットビスケット

 こちらはホットビスケット。8分ほどかけてゆっくりと焼いたのですが、焼きあがり直後は回りと中心との水分に随分と差があり「周りはサクサクなかはふんわり!」といえば聞こえが良いのですが、厚みがないので、ふわふわ部分が少なく食感に差がありすぎて微妙。冷えて水分が抜けると美味しくなりました。レシピは水分が少な目のしっかりした生地のものが良さそうです。

Pie Iron のピンが抜けた

 1週間も使っていないのに、ヘッド部分を固定するピンが1本抜けてしまいました  ^^;; 実はアマゾンの口コミでも、ヘッドが落ちたなんて口コミが少しあります。アマゾンの商品画像を見るとピンが1本だけに見えますので、ピンが2本の現在の商品は改良型なんでしょうね。ピンに目打ちを刺して広げてから打ち直しましたが、大丈夫かな?

ローフパン
ローフパンとPie Iron

 ローフ型でパンを焼いてみたのでPie Iron の上に乗せてみましたが、ごらんのように左右にこれくらいの隙間が出来ました。ちょっと隙間が大きいかな? 蓋をして焼けば、角型のPie Iron ならちょうど入って良い感じかもしれません。
関連記事

Comments 0

Leave a reply