いけのことべえ

ARTICLE PAGE

キャンプでのコーヒースタイル

キャンプ道具
  • comment0
 私は結構コーヒーが好きなので、アウトドアでもコーヒーを淹れる事が多く、いろんな器具を使ってきました。最近ファミリーキャンプをして思うことは、同じアウトドアでもいろんなスタイルがあり、適したコーヒーの淹れ方も変わってくるって事です。ファミリーキャンプでは時間と装備に余裕があるので、それに応じたコーヒーの淹れ方があると思うので、ちょっと考えてみました。ま、ファミリーキャンプの中でもいろんなスタイルがあるので、結局人それぞれなんですが ^^;;

カフェアメリカーナ


 最初に私の今までのスタイルです。私の場合コーヒーを淹れるシーンというのがカレイ釣りの時がほとんどでした。そのため寒い時期の寒い時間帯に淹れ、がぶがぶ飲むことが多く、コーヒーが冷めることが多く、最終的に落ち着いたのはパーコレーターでした。ペーパードリップは冷える、マッキネッタは続けて何杯も淹れられないし、体を温める目的でがぶがぶ飲みたいのでエスプレッソは適さない。コーヒーブレスは淹れなおすときに掃除が大変。きっとこの場合普通は無理だけど釣り場で電気が使えるなら、一番良い方法は保温ポットに抽出するタイプのコーヒーメーカでしょうね。それならがぶがぶ飲めるし、冷えないし、抽出する間放置できるし。

デロンギ

 日帰りや1泊程度度ドライブのときに活躍したのがこのデロンギの保温ポットに抽出するタイプのコーヒーメーカー。ポットに10杯分抽出してポットだけ持って出発します。ただ、このポットはこぼれる可能性があるので、水平に設置して倒れないようにする必要があるので、なんとなく使用頻度が減りました。ただ、このポットは保温能力が低く冷めるのが早いのですが、時間がたっても味があまり変わらないと言うメリットがあります。

 サーモスの保温マグに直接抽出するタイプのコーヒーメーカーを使い始めてからは夫婦で1本ずつマグを持って出かけるようになり、それは現在でも続いていて、キャンプ場に到着するまではこちらを使っています。保温マグの場合、車のドリンクホルダーという安定した置き場所があるのが大きいのだと思います。ただ、この水筒型のマグはペーパードリッパーを安定しておけないのが残念。購入時はマグと変わらない値段で買えたのですが、今は高くなっています。
 このジャンルではサーモスの山専用ステンレスボトルが定評があるので、900mlとかに家でコーヒーを淹れて移し替えていけばキャンプ場でコーヒーを淹れる必要なく楽しめそうです。
 ただ、保温能力が高いものは、残念なことにコーヒーが美味しくなくなるのが早いです。暖かさを取るか味を取るか悩ましいところですね。


 現在はファミリーキャンプで、キャンプ場でのんびりとコーヒーを楽しむ事が多いので、新しいスタイルを模索中です。

1)ペーパードリップ
 家庭で手動で淹れる場合、この方法が一番多いと思います。どんなスタイルであっても慣れているのでそれなりに楽しめると思いますし、始めやすい方法ですね。私も最初に買ったアウトドア用のコーヒー器具はユニフレイムのコーヒーバネットでした。残念ながら私のスタイルだと寒い時期、時間にコーヒーを淹れる事が多かったので、淹れてるそばから冷えるペーパードリップは相性が悪かった。でも、ファミリーキャンプならよほど寒くなければOKだし、保温マグに直接入れたらそんなに冷えないと思うし、サーバーに入れて直接暖めなおす作戦もあると思います。コーヒーバネットと挽いた豆で行けばほとんど場所をとらないのもよいですね。普通のドリッパーの場合多人数用はかなり大きくなってしまうのが残念。私はキャンプに行くときはユニフレームのコーヒーバネット率が一番高いです。

2)マッキネッタ
 エスプレッソ好きの私としては、マッキネッタは冷めないので悪くないと思ったのですが、人が多いと超面倒でした。5,6人用の大きなものを購入しましたが、当然差し出してくるのはシェラカップとか普通のマグカップ。少しずつ入れたらすぐに冷えるし、見た目が寂しい。しかも本体が熱いので続けて作るのは大変。エスプレッソ好きな家族で淹れるならかなり良いと思います。キャンプの場合のんびりした時間をコーヒー片手にすごすってイメージがあると思いますが、こちらの場合は「のんびりとコーヒーを淹れるのを楽しむスタイル」だと思います。
 家にはエスプレッソマシンもありますが、マッキネッタで淹れるコーヒーはちょっと味が違い中毒性のある味で私は好きですが、いけのこはそこまでエスプレッソが好きではないので、今のところ出番はありません。

3)コーヒープレス
 水より軽いコーヒーのオイルを抽出するには一番合理的な構造だと思います。そういう味が好きな人には手放せないと思いますが、普通に淹れても微粉がコーヒーに混ざるので、それが嫌な人には無理かも。コーヒーブレスが好きな人は既に器具を持っていると思うので、アウトドア用に樹脂製の物を新たに買いなおすのが面倒かも?

ボンジュール アウトドア コーヒーブレス

 これは、いけのこがプレゼントしてくれたアメリカ土産のアウトドア用のもの。使ってみましたが悪くは無いと思いました。ただ、アウトドアでは垂れ流しの炊事場が多いので豆を流さないように処分するのが大変です。今でもアメリカアマゾンで売っていますが、壊れやすいのでお勧めできません。名前はアンブレイカブルなんですが ^^;

 わたしからいけのこにプレゼントしたボダムのものもあります。2重構造なので悪くないです。持つところが熱くならない様になっています。プレスしたまま飲む事ができます。蓋が二つあり蓋付き保温マグにもなり良く考えられていて便利です。味はブレスにしてはちょっと大人しい気がします。押さえ込んでもかなり空間が空いているからだと思います。

4)パーコレーター
 大容量のものがわりと安価で買え、多人数でのアウトドアでは一番便利だと思います。オフ会用に1リットル用の物を購入して使ったこともあります。でも、淹れ方が難しく本番まで毎日多量のコーヒーを飲み続けたので、結構胃に来た覚えがありますw 浅煎りを粗めに挽いて淹れたコーヒーをアメリカンといいますが、それじゃあまり美味しく感じない人が多いと思います。微粉が入ることが多いので、それが嫌いな人にはあまり向かないかも? コーヒー豆を入れる前に紙のフィルターをぶすっと突き刺す荒業がありますが・・・。なお、パーコレーターに係わらず、各種コーヒー器具でコーヒーの微粉が入るのを防ぐために粗引きを推奨している器具を見かけますが、微粉の量は荒さとあまり関係ない気がします。微粉の多いミルだと粗くても細かくても微粉は多い気がします。使い終わった豆の処理もわりと簡単で、温かいコーヒーをがぶがぶ飲めるので、理想的な器具なんですが、味が好みでない人が多い予感です。
 一番上の画像の赤いコーヒー器具は実はビアレッティ社のパーコーレーター アメリカーナです。もちろんイタリアでも薄いって意味が込められているようです。でも、こちらはイタリアで普通に流通しているエスプレッソ用の深入りの豆を細かく挽いた粉を使うことを前提に作ったのではないかと思います。とても細かいフィルターで底の構造が良く、うまくお湯が回るようになっていて、濃くてわりと美味しく淹れる事ができます。ただ、持つところがプラなので、アウトドアだと溶かしたり燃やしたりしそうです。たまにキャンプにもって行っています。これを使うときはのんびりとコーヒーを味わいたいときです。実はそんな時間はめったにないんですが ^^;;

5)ダッチコーヒー
 ダッチコーヒーのアイスコーヒーは透明感があってきれいで美味しそうですよね。カリタの「ウォータードリップコーヒーサーバー」ならサーバーはガラスですが、抽出に必要なタンクと、ろ過部分はプラなので、サーバーを工夫すればアウトドアに持ち出すことができそうです。抽出時間も本格的なものほど長く無くて、数時間です。私は持って行く気がわかないけど、夏に美味しいアイスコーヒーを飲みたい方なら有りじゃないかな?

ウォータードリップコーヒーサーバー

6)コーヒーメーカー
 アメリカアマゾンだとアウトドア用の電源の要らないツーバーナーに乗せるコーヒーメーカーが50ドルくらいで売っていたりします。プリムスのガスのコーヒーメーカーもあり、ちょっと興味があります。車が小さい我が家では今のところ絶対に無理です ^^;;

現在は二つのマグカップにユニフレームのコーヒーバネットを使い淹れているので、ちょっと面倒。サーバーとして上記サーモスのコーヒーメーカー付属のマグを使えると便利そうなので、ちょっと調べてみました。
関連記事

Comments 0

Leave a reply